新聞配達やってみた

49才が挑む新聞配達日記です。

配達13日目 最強の配達マシン

2020年9月22日

AM2:30

 

訳あって本日は配達マシンが変更となりました。

 

ヤマハ ギア」
f:id:garomilk:20200922041158j:image

よく新聞配達の画像に登場するバイクです。

スーパーカブに迫る人気の理由を探りたいと思います。

 

では配達インプレッション!

跨った瞬間重心の低さを感じる。どっしりしています。

走りだした瞬間小径タイヤのせいかハンドルが若干ふらついた。

が!

 

「何なのこの加速!!?」

 

トルクがもりもり沸き上がり重い車体を加速させます。

 

カブの様に慌ただしくギアチェンジが要らないスクーターは

ただひたすら楽。

 

そしてこの乗り心地、太いタイヤ?サスペンションセッティング?フレーム剛性?

全てがカブに勝っているのだろう。 とにかく路面のギャップの突き上げが少ない。

シートもフカフカです。

また良く効くリアブレーキ、スタンドの出しやすい事よ。

 

そして配達に欠かせない要素でやはりスクーターは乗り降りが楽!

カブの様にセンターフレームが高くないから跨がるという感覚ではなく腰かけるみたいな。

 

そしてそして極めつけはカゴがフレームマウントされている事。

カブの様にハンドルマウントだと新聞の量でハンドリングが変わるし

降車時、ハンドルを左にきらなければならない事などが不要となります。

 

 

燃料計もメーター内にあって見やすい。

 

もう全てにおいてカブを凌駕しています。(燃費は除く)

 

一度これにのったら・・・・・・

 

カブは軽トラック

ギアはレクサス

 

それぐらいの天と地ほどの差があるでしょう。

 

 

ブログ書いている今、体調も全然違う。

路面からのギャップとか腰にきてるんだろうなぁ。。。。。

 

 

 

 

結論

 

 

 

ギア一択!!

 

労働者の働く環境を改善する為には道具(ギア)の効率化は大事です。

良い道具導入➡配達効率アップ➡人的疲労軽減➡離職率ダウン➡販売所も配達員もウィンウィン!!

 

 

素晴らしい!

 

 

私自身もスーパーカブ70(現在不動)を所有していますが、

本当に配達にはギア一択と思い知らされました。

 

 

 

欲しい・・・欲しくてたまらない・・・ギア

 

 

 

 

 


f:id:garomilk:20200922041205j:image

マンション踊り場から見下ろす。

 

私の販売所ではギアは2台しかありません

あとはカブです。

 

今回は配達バイクを考えることが出来本当に良い経験となりました。

 

ギアでこれだけ良いなら125CC位のスクーターならもっと良いのでは

ないかな?

 

安いスクーターあったら欲しいなぁ。。。。

 

つづく